インプラント|阪神梅田すぐイーマ6F−カトレア歯科・美容クリニック−

Implant

インプラント

インプラント

歯を失った時の選択肢として「インプラント」という治療があります。

インプラントは入れ歯やブリッジなどに比べると比較的新しい治療ではありますが、現在では機能性の高さから選ばれる方も多くなっています。

インプラントとは

インプラント

インプラントとは歯を失った箇所に人工歯根を埋め込んで歯を作る治療方法です。あごの骨にチタン製のインプラントを埋入し、人工の被せ物をします。

インプラントの特徴

噛める

インプラント

まずは「しっかり噛める」というのが最大の特徴です。

歯を支える骨に軸となるインプラントを埋め込み、セラミックのかぶせ物をします。

骨とインプラントが結合して、自分の歯のようにしっかりと噛めます。

審美性

インプラント

また、「審美性の良さ」も大きな特徴です。

入れ歯の歯に引っ掛けるための金属のバネが見えてしまいますが、インプラントは留め具などがなく骨の中に自立していますので、金属が見えることはありません。

またかぶせ物もセラミックのきれいな歯が入ります。

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントの構造は「インプラント」「アバットメント」「上部構造」の3つの部分で成り立っています。

インプラント

あごの骨に埋め込むのがインプラントです。人工歯根、インプラント体、インプラント本体、フィクスチャーと呼ばれる部分です。天然の歯でいう歯根部にあたります。

インプラントは主にチタンでできています。

アバットメント

インプラントと上部構造をつなぐ部分をアバットメントといいます。土台、支台とも呼ばれます。

上部構造

インプラント・アバットメントの上に被せる歯の部分です。クラウン、かぶせ物とも言います。主にジルコニアセラミック、セラミック、ハイブリッドセラミックなどでできています。

インプラントの流れ

治療についてしっかりとご説明をし、納得してインプラント治療を受けていただけるようインフォームドコンセントを大切にしております。

初診カウンセリング(無料)

インプラント治療をお考えになっている患者様は「入れ歯がどうしても合わない」「歯を失ってしまってどうしたらいいかわからない」など様々な理由があってお越しになります。

現在の患者様のお悩みや治療のご希望などのお話をお伺いしていきます。

また現在のお口の状態や全身の状態などもお伺いします。

重度の糖尿病や骨粗しょう症などお体の状態によってはインプラント治療が適さない場合もありますのでしっかりとお話をお伺いすることが重要です。

検査

レントゲン撮影や口腔内検査を行います。当院では院内に歯科用CTを完備しております。必要時にはCT撮影をします。(別途費用が掛かります)

治療方法のご提案

カウンセリング、検査を元に治療方法のご提案をします。お見積りを作成して治療費のご説明をします。インプラント治療をするかどうかはゆっくりとご検討ください。

インプラント手術

治療計画を元にインプラントの手術を行います。

インプラント治療の流れ

麻酔

手術前に麻酔をします。通常は局所麻酔で手術を行いますが、ご希望の方には静脈内鎮静法という麻酔も行っております。(別途費用が掛かります)眠っているような状態で手術を受けれますので、不安や恐怖心の強い方はご相談ください。

一次手術

歯ぐきを切開し、ドリルで歯槽骨(あごの骨)にインプラントを埋め込むための穴を開け、インプラントを埋め込みます。

治癒期間(定着期間)

3〜4ヶ月の治癒期間があります。インプラントとあごの骨が結合していることを確認し二次手術に進みます。

二次手術

アバットメントの取り付けのため、歯ぐきを切開してインプラントの頭を少し出す手術です。

1〜2週間後に歯肉の傷がよくなった状態で上部構造製作のための型取りをします。

上部構造の試適・装着

アバットメントを取り付けて、出来上がった上部構造の形や高さなどを合わせる試適を行います。試適で問題がなければ上部構造を装着します。

ACCESS

JR大阪駅・各線梅田駅より徒歩3分

JR大阪駅より中央南口を地下鉄方面へ、
地下街を直進し円形広場を左へ
阪神梅田すぐイーマ6F