入れ歯治療(義歯)|カトレア歯科・美容クリニック

Denture

入れ歯治療(義歯)

入れ歯治療(義歯)

歯を抜かなければならなくなって入れ歯を作りたいという方の「初めての入れ歯」

現在入れ歯をしているけれど合わなくて困っているという方の「新しい入れ歯」

当院ではあらゆる入れ歯治療に対応しております。

入れ歯(義歯)とは

歯を失った際に歯を補う治療で、人工歯と床とバネで成り立っており、取り外しが可能です。

部分入れ歯とは

部分入れ歯は自分の歯にバネ(クラスプ)をかけて固定する義歯です。ご自分の歯が残っている場合は部分入れ歯になります。

総入れ歯とは

自分の歯が全て残っていない場合には総入れ歯を使用します。総入れ歯にはバネはなく人工歯と床でできています。

しっかり噛める、見た目がいい、違和感が少ないなど入れ歯によって特徴があります。

保険の入れ歯、金属床義歯、ノンクラスデンチャー(留め金を使用しない目立たない入れ歯)など幅広く取り扱っております。

入れ歯の種類

当院では様々な種類の入れ歯を取り扱っております。

保険適用の入れ歯と自由診療の入れ歯は材質が違います。

保険適用の入れ歯には床・人工歯ともにプラスチックしか使用できません。プラスチックは厚みが出てしまいます。使用しているうちにすり減って、次第に合わなくなり噛みづらさなどが出てきます。

自由診療の入れ歯は様々な材質で作ることができます。床の部分を強度の高い金属を使用することで薄くできたり、シリコンを使うことでしなやかな弾力を持ち、見た目もよい入れ歯を作れたりと、耐久性・使用感・審美性が高い入れ歯があります。

保険の入れ歯
保険適用の入れ歯
金属床義歯
金属床義歯
磁石の入れ歯
磁石の入れ歯
ロケーター義歯
ロケーター義歯
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

目立たない場所だからと歯がないままにしておられる方が結構おられます。

しかし歯は1本でも抜けたまま放っておくと、歯並びが悪くなりガタガタになってきたり、発音がうまくできなくなったり、輪郭が崩れてくるなど様々な弊害がで出てきます。

当院では患者様のご予算・機能性・見た目などご希望に合わせた義歯をご提案します。入れ歯のお悩みはぜひご相談ください。

入れ歯の料金

当院の入れ歯の料金は料金案内ページをご覧ください。

歯がないまま放置は厳禁

永久歯が1本でも抜けてしまったら、代わりに人工歯でそのスペースは必ず埋めなければなりません。

「奥歯なら目立たないから大丈夫」や「食事の時は別の歯で噛むから大丈夫」では、まったく大丈夫ではないのです。

さほど生活に困らないのは、「今」だけです。

歯がないまま放置すると、下記のようなトラブルが生じます。

抜けたスペースに周りの歯が寄っていく

歯が1本でも抜けてなくなってしまったら、抜けたスペースを補うために左右上下の歯が動き始めます。

向かい合わせだった歯は、噛み合わせの相手を探して歯ぐきからどんどん浮いてきます。

隣り合う歯はまっすぐに生えていても、ドミノのように斜めになって倒れこんできます。

そして、一度動いてしまった歯並びを戻すにはとても時間がかかります。

歯が抜けたまま放置せず早めに治療

食べ物が噛み切れなくなる

歯が抜けてしまうと、噛み合わせが変わるため、食べ物をすり潰すことが難しくなり、やがて噛み切ることができなくなります。

別の歯で噛めば問題ないと思うかもしれませんが、歯が足りないことで口内の歯並びに変化が起こり、時期に別の歯でも、どの歯でも噛めなくなってしまうようになります。

顔のバランスが歪む

歯が抜けると、抜けた側の歯を使わなくなるため、いつも同じ歯を使うことになります。

顔のバランスは筋肉の付き方によりますので、使われなくなった筋肉は衰え、そのうち顔のバランスが左右によって歪んできます。

周りの歯が虫歯・歯周病になりやすい

歯は、周りの歯と擦れ合うことによって、付着した汚れを落とすなどの自浄作用があります。歯が抜けると、擦れ合う歯がなくなった周りの歯には、自浄作用が落ち、虫歯・歯周病のリスクが高くなります。

ACCESS

JR大阪駅・各線梅田駅より徒歩3分

JR大阪駅より中央南口を地下鉄方面へ、地下街を直進し円形広場を左へ