インプラント

インプラント周囲炎って?

インプラント周囲炎って?

インプラントは人工の歯根なのに歯周病になるの?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

インプラントとは

インプラントの構造

インプラントとは、歯を失くしたところに天然歯と同じように使える人工の歯根(チタン製)を顎の骨に埋め込んで土台を作ります。その土台となるインプラントと骨がしっかり結合していることを確認できれば、その上に人工の歯を装着し噛めるようになる治療法です。

インプラントは、入れ歯のようなわずらわしさもなく、ブリッジのように周りの歯を削ることも負荷をかけることもないので、高額な治療ではありますが噛む機能を回復させる治療としては、とてもいい治療法だと思います。違和感なく自分の歯のような感覚で噛むことができるようになります。

歯周病について

歯周病は細菌によって引き起こされる感染症です。歯と歯茎の境目の溝に細菌が溜まり、ポケットができはじめてきます。そこから炎症が起こり赤くなったり腫れたりします。さらに進行するとポケットも深くなり歯を支えている骨が溶け出し、歯がグラつき始め、やがて抜け落ちてしまいます。

インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎とは、インプラントが歯周病と同じような症状になることです。初期の段階では症状がなく、放置していると歯茎から出血や排膿が起こり、やがてインプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラント周囲炎と歯周病の違い

インプラントには歯根膜がないので、天然歯より細菌への抵抗力がないため、炎症や骨吸収されてしまう速度が非常に速いです。インプラント周囲炎は、歯周病に比べると症状が出にくく進行が早いため、気付いた時には既に重症化していることも少なくありません。インプラント周囲炎にならないよう、早期発見・日々の予防がとても大切になってきます。

インプラントの術前・術後の注意点

  1. インプラント周囲炎は、術後のメンテナンスに問題があったように思われますが、手術前の治療や口腔内の状態に問題があったために引き起こされる可能性もあります。歯周病治療が不完全だったために、術後インプラント周囲炎になってしまう可能性があります。
  2. 術後の主な原因は、毎日の口腔内ケア不足や歯科医院によるメンテナンスを受けていなかったこと思われます。その他には、全身疾患による抵抗力の低下や喫煙などの可能性も考えられます。

インプラント周囲炎を予防

インプラントを長く使い続けるためには、インプラント周囲炎の予防はとても重要です。
まずは、日頃からのプラークコントロールや歯科医院でのメンテナンスを定期的に行っていただくことです。さらに、生活習慣にも気を付けていただくことが重要です。

まとめ

インプラントのレントゲン写真

インプラントの治療を受けられて、とても重要なことはインプラント周囲炎に罹患しないことです。さらにインプラントの手術を受ける前の口腔内の状態が良好であることも重要となります。まずは、毎日のブラッシングがとても大切です。あとは歯科医院でのメンテナンスも重要です。

どうしても、症状が出ないとなかなか歯科医院に行かない方も多いと思いますが、症状が出なくても「予防のために」歯科医院に通うことが大切です。歯周病治療だけではなく、全身疾患にもつながりますので口腔内の環境を良くして、それを維持していくことを心がけていきましょう。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック