詰め物・被せ物が取れた|阪神梅田すぐイーマ6F−カトレア歯科・美容クリニック−

Trouble

詰め物・被せ物が取れた

詰め物・被せ物は永久的ではないのです

歯

一度でも虫歯治療をうけた歯には、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)が施されます。

これらは毎日お口の中で使われていくにつれて、接着しているセメント部分も含めて、時間をかけて劣化していきます。

そして、ご本人が忘れた頃になって、劣化した詰め物・被せ物がある日突然ボロッととれてしまうことは、実は少なくないのです。

詰め物・被せ物がとれてしまった時は、すぐに歯科医院で診てもらってください。

今後詰め物・被せ物の治療をうける方・以前詰め物・被せ物の治療をうけたことがある方は、もしもの場合にそなえて、いくつか確認しておきましょう。

外れてしまった詰め物・被せ物は

もし紛失したり破損がなく、手元にとれた詰め物・被せ物が残っているなら、ケースなどに保管して歯科医院までお持ちください。

ハンカチやティッシュペーパーなどに包んでおくと、変形などがしやすいため、注意しましょう。

自分ではめることはできません

あわてて自力で何とかしようと焦ってしまうかもしれませんが、一度セメントが外れた詰め物・被せ物を無理にはめ直すのはやめましょう。

歯科用の接着剤がないと、またすぐに外れてしまいますし、もし市販の接着剤を使ったりすると、さらに体に悪影響を及ぼす危険があります。

そのまま放置しないこと

できれば一週間以内には必ず歯科医院に行ってください。

詰め物・被せ物がとれてしまった歯は、非常に無防備で、いつでも虫歯・歯周病になりやすい状態です。

また、とれた原因が、虫歯の進行による影響だとしたら、すぐに治療しなければ進行がさらに広がります。

いつもよりも丁寧な歯磨きを

詰め物・被せ物が外れてしまったということは、その場所に余分なスペースがあり、食べかす・プラーク・細菌などの汚れが入り込みやすくなっています。

また、あまり刺激を与えるのも良くありませんので、歯ブラシでゴシゴシ磨くのではなく、やさしく清潔な患部を保つように心がけましょう。

露出した歯で噛まない

詰め物・被せ物がなくなった歯は、とても無防備で脆い状態です。

象牙質がむき出しになっている場合も多く、冷たい・熱い物を食べたりすると、刺激が敏感に神経に伝わってしまいます。

その上、硬い物などを噛んだ際、ヒビが入りやすいです。歯が真ん中まで割れてしまうと、歯の神経まで処置が必要になってくるため、別の歯で噛むように意識して気をつけましょう。

ACCESS

JR大阪駅・各線梅田駅より徒歩3分

JR大阪駅より中央南口を地下鉄方面へ、
地下街を直進し円形広場を左へ
阪神梅田すぐイーマ6F