セットバック整形

【動画】セットバック手術を写真でわかりやすくご説明します

前歯や出っ歯、矯正でお悩みの患者様にご紹介する治療法が、セットバック手術です。

セットバック手術を実例をもとにご紹介

セットバック整形来院動機

実際に当院でセットバック手術を行った19歳の患者様の実例をもとに、ご説明いたします。患者様は口元のふくらみを気にされ、来院されました。横から見た場合に、上唇・下唇のふくらみ、アゴがないというお悩みが主です。

ワイヤー矯正だけでは口元のふくらみは治らない?

矯正治療をしても歯ぐきが目立つ、かみ合わせが深い

患者様は他院で矯正治療を完了してから、当院へ来院されました。矯正装置が付いていて、歯並びは非常に綺麗にはなっていますが、歯ぐきが目立つ事、噛み合わせの深さ、上の前歯で下の前歯が隠れてしまうことをご本人が大変気にされていました。

口元のふくらみの原因は?

お悩みの原因は何なのかということを探りながら、セットバック整形のご紹介をしていきます。

口元のふくらみの原因究明

Eラインとは

横からのレントゲンと合わせて唇のラインを見ていきましょう。口元のラインが実際に出ているかどうか、ふくらみがあるかという点については、審美的な口元のラインの基準にするものとして、Eラインがあります。

正式名称はエステティックラインといいます。みなさんも聞いたことがあるかもしれません。このエステティックラインとは鼻先とアゴ先を結んだラインです。Eラインよりも上唇と下唇が出ているかという点が、口元が出ている出ていないという基準になり、Eラインよりも出ていない状態が審美的に良しとされています。

この患者様の場合、上唇下唇ともにEラインから出ており、既にワイヤー矯正で治療をされましたが、お悩みは解決しませんでした。そこで疑問が浮かびます。それは、唇のふくらみの原因は、本当に歯であったかという点です。

お悩みの原因は歯?

歯に関しては、唇のライン(赤い線)に対して上の前歯の先が限定的に関わっています。しかし歯並びを治すだけで唇のライン全体がきれいになるかというと、実際に治るのは図のように太い紺の矢印の部分のみです。つまり、矯正治療をして治るのは太い紺の矢印の部分のみになるだろうということが想像できます。

ここを変えたい

この患者さんのお悩みの部分としては、上唇よりも上の、鼻との間の部分、そして下唇からアゴ先にかけてのふくらみを悩んでおられます。ここを何とかして下げたいですが、ここのふくらみを作っているのはどこかというと、歯の上の歯茎の部分、下で言えば下の歯茎の部分です。

歯槽骨

これらの箇所が口元のラインに関係しているとみるべきだと思います。実際に歯の上の歯茎の部分、そして下の歯茎の部分が何であるかというと、骨です。何の骨かというと歯槽骨(しそうこつ)と呼ばれる歯を支える骨です。これらの歯槽骨が患者さんのお悩みである口元のラインに関わっていると想像できます。

図解骨模型で説明

頭蓋骨の模型を実際に使って説明すると、歯はこの青い部分です。歯槽骨は緑色の部分になります。黄色の部分を動かす(修正する)ことによって横顔の赤いラインを変えることができるのではということです。その手法がセットバック手術(前歯部歯槽骨骨切術)です。

セットバック手術のやり方

上下セットバックの方法

この患者さんの場合、上下でセットバック手術をされましたが、簡単にセットバック手術の具体的なやり方についてご説明します。

糸切り歯の後ろの4番目の歯を抜いてスペースを作ります。そのスペースを使って歯槽骨を後ろに下げる方法です。歯槽骨の動かすラインはこの赤のラインで切って動かすわけですが
ちょうどここの部分の骨がなくなって後ろに下がるというやり方です。実際に動かすのは歯と歯槽骨(緑の部分)が一気にバックすることになります。

上下セットバック術前術後

手術前のお顔と手術後のお顔です。口元のふくらみが改善されています。アゴがないと悩んでおられましたが、アゴができています。横から見てもよくわかる変化です。

セットバック術前術後横顔

Eラインの基準で見ると、術前はEラインよりも唇が出ていますが、術後は出ていません。術後のレントゲン写真を見ればきれいなラインが出ています。

セットバック術前術後

術前のレントゲン写真と術後のレントゲン写真を比較したら、唇のラインはきれいになっています。改めて見ていきますがEラインよりも唇のラインがしっかり中に入っているのが確認できます。

上下セットバックレントゲン

歯と歯茎がどう変化したのかというのがこれで見るとわかります。

背っとバック手術での歯槽骨の動き

星印のラインは術前と変わらないところです。そこに対してぐっと下がっているのがわかると思います。唇の下側の歯槽骨がしっかり下がっています。星印を基準にして比較すると、下がっているのがよくわかります。

それによりこの上にある鼻から唇・アゴにかけてのラインがしっかり引っ込んでいるのがわかります。

セットバック手術後のアゴについて

アゴ先もこのようにできます。実はアゴができたように見えるのも、この段差によってアゴができたように見えているわけです。アゴを出す手術をしたんですかと聞かれることがありますが、実はしていません。こういう形で顎が見えるようになりました。

歯の傾きも変わっている

セットバック手術は骨を切ってバックするだけのイメージがあると思います。当院のセットバック手術はそれだけではなく傾きも変えてます。

手術前の状態をご覧ください。歯と歯茎はこのような向きですが術後の状態は少し角度が立っていると思います。下も同じように立っていてとんがり感のあった口元(ぐっと前に出ている状態)がこのように改善されているのがわかると思います。

上下の歯が作るとんがりが小さくなった

セットバック手術で工夫し歯と歯茎をぐっと立てることを上下ともすると、このような結果になります。

また傾きだけでなく高さも変えています。

背っとバック手術で高さも変わっている

術前に歯のかみ合わせが深いというお悩みを伺っていました。術後の状態の深さとかみ合わせの高さをご覧いただくと、深さが少し改善されているのがわかると思います。

こちらもセットバックの手術で上の歯茎を少し上に上げています。そして下の歯茎は少し下に下げています。それにより深すぎるかみ合わせを改善することができます。

セットバック上下レントゲン写真

上下セットバックの手術をすることでEラインに対してしっかりと内側に入った口元のラインを作ることができました。

当院の特徴

セットバック手術は、美容など他院でも行っております。骨を切って下げるだけと思われがちですが、当院ではセットバック手術の際に、歯ぐきの角度を立てています。ぐっと前に出た尖りのある口元の状態を、上下の角度を変えることで、印象を変えられます。

また、お悩みの一つである噛み合わせの深さも、上の歯ぐきを少し上げ、下の歯ぐきを少し下に下げる処置を行いました。その処置で深すぎる噛み合わせを改善し、Eラインより内側に入った口元を作れました。

まとめ

出っ歯や受け口のみならず、ガミースマイル、かむと歯ぐきが見える、前歯の噛み合わせが深い方などのお悩みがある方は当院へご相談ください。セットバック手術により良い結果が出るか、きちんとカウンセリングを行い、患者様に合うご提案を致します。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック