セットバック整形

セットバック手術のダウンタイムって?

セットバック手術のダウンタイムって?

セットバック手術を受けた後のことで気になるのがダウンタイムと呼ばれるものについて、ご紹介します。

ダウンタイムとは

ダウンタイムとは、セットバック手術などの外科矯正を行った後の、腫れやむくみ、痛みが続く期間を指します。ダウンタイムが終了すれば、理想のフェイスラインになります。外科矯正を考えておられる患者様にとっては、このダウンタイムがどれくらい続くのかということです。

後遺症・痛み・腫れなど気になる点は多くあると思います。術後経過について「気になる第1位」腫れ・むくみでございます。

手術直後やあと1~2ヶ月経過してからの腫れ・むくみは見た目に大きく関わってきます。患者様が気になってごもっともだと思いますので、腫れ・むくみについてはこの動画で患者様の実際の症例をもとにご紹介します。

当院のダウンタイムの説明

当院の初診のご案内の紙にはこのように書いています。

腫れ・むくみについては術後、翌日、翌々日は非常に腫れます。
1~2週間程度でだいたい70%程度の腫れが引き 残りの20~30%の腫れはだいたい3~6ヶ月かけて引いていきます。

もちろん腫れ・ むくみ・他の痛みもそうですが個人差は絶対にありますが、標準的な症状経過としてはだいたいこのような経過をたどります。

ダウンタイムの経過

上下顎セットバック手術を受けられた方の症状経過をご説明します。お口元の膨らみが気になると手術を受けられたわけです。エステティックライン(Eライン)と呼ばれるお口元の審美基準をもとにをまず術前から見ていきましょう。

術前はフェイスラインがEラインを越えている状態でしたが、1ヶ月後にはフェイスラインがEラインより内側にあります。患者様のお悩みは改善してますが、検査をすると何となく‘もったり”しているのがわかると思います。

術前のEラインの傾きはよりも術後の傾きが少し急になっています。1ヶ月後と3ヶ月後においては急な角度になっています。6ヶ月後にこのEラインがだいたい手術前と同じような傾きに戻っています。Eラインの傾斜が術後は一旦急になり、だんだん緩やかになる傾向にあります。

Eラインの傾きが術後急になる理由

鼻先は変わらないですけれども、上下顎セットバック手術を受け下顎にも傷口があるのでむくみます。むくみにより、アゴ先のところはいったん前に出されます。鼻先の点とアゴ先の点が2つありますが、アゴ先だけが前に出されて当然Eラインは急になります。このアゴ先の腫れがだんだん引いていきEラインの傾斜が緩やかになるという経過をたどっています。これが一つ特徴的なところです。

まとめ

タイム

セットバック手術(輪郭整形)をお考えの際に、デメリットとして当然ダウンタイムが挙げられます。フェイスラインなどのお悩みを解決するというメリットと比較して、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。一度無料カウンセリングにご来院いただき、ドクターやスタッフにご相談ください。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック