インプラント

インプラントは、誰でもできるの?

インプラント説明

インプラント治療は、誰でもできるわけではなく、口腔内の環境や年齢や骨の状態、持病の有無などの条件があります。

インプラント治療ができる・できない場合の条件とは?

重度の歯周病にかかっている場合

インプラントは、顎の骨に穴をあけて人工の歯の根を埋め込みます。そのためには、骨の状態はとても重要となってきます。歯周病は歯を支える骨を溶かす病気ですから、その感染が原因で多くの骨を溶かしてしまうと、インプラントを埋め込むことができなくなってしまいます。

さらに、口腔内感染があるところにインプラントを埋入しても、骨とインプラントがうまく結合しなくなることを防ぐためにも、重度の歯周病にかかっている場合はインプラント治療ができません。

年齢について

年齢の上限はありません。日常生活が行える体力があれば、インプラントの治療は可能です。特に「何歳まで」の線引きはありません。未成年の方は、顎の骨の成長が止まらないとインプラント治療ができません。

骨の状態

インプラントを入れる周囲の骨の量が不足していると、安定性が低くなってしまうため、インプラント治療が難しくなります。骨量や骨密度を増やすための骨造成などの手術を行い、十分な状態になればインプラント治療は可能です。

喫煙している場合

喫煙している人は、埋め込んだインプラントと骨が結合しにくく、インプラント周囲炎になるリスクも高めてしまいます。

持病がある場合

糖尿病の持病がある人は、傷口の回復が遅く、さらに血糖値が高いと感染症のリスクも高まってしまいます。心臓病などの全身疾患の持病も同じようにリスクを高めます。

注意点

妊娠中の方は、リスクなども考えてタイミングをずらす必要があります。

インプラント治療を受ける医院の選び方

患者様への治療の説明が十分できているか、歯科用CTなどの機材や設備が整っているか、術後のメンテナンス体制が整っているか、インプラント保証があるかどうかなど、とても大事なところとなります。インプラント治療において、信頼をおける歯科医院選びは、最も重要なポイントとなります。

まとめ

患者様の口腔内・顎の状態、健康面などによって、インプラント治療ができるかできないかが決まってしまいます。

インプラント治療を行うには、特に十分な骨の量や強度が必要となってきます。そのためには、CT撮影などの検査を行い、正確な診断をしてくれる医院を選んで頂き、安心安全な治療を受けていただきたいと思います。