審美歯科

審美歯科の白い前歯の素材は?

歯のきれいな女性

審美歯科で前歯の白いかぶせ物に使われる素材は様々な種類がありますが、当院で使用している代表的な歯科素材についてご説明します。

審美歯科では歯科用素材でどのように歯の色や形を改善するのか

審美歯科治療には、主に白い色の歯科用の素材を歯に装着する方法と、歯そのものを白くするホワイトニングがあります。

歯に素材を装着する場合には、使われる素材によって見た目や装着感、強度等に違いがあります。次にそれぞれの特徴と治療法について説明します。

1.保険診療の白いかぶせ物

保険診療で前歯に使用する白い被せ物の素材は白いプラスチックで、安価であるというメリットがあります。

ただしプラスチックのみで作られているので強度に問題があり、割れやすく、変色しやすいというデメリットがあります。また、色数が限られているため隣の歯と全く同じ色にすることも出来ません。

白い歯を安く作りたい場合には最適ですが、前歯に使用するのはあまりおすすめ出来ません。

2.オールセラミック

金属を一切使用せずにセラミックのみで作られたものです。セラミックなので自然な感じの美しい光沢のある歯が蘇ります。

多くの色の中から選択できるので、周りの歯の色と合わせることも可能です。歯の形を歯並びに合わせて調整することができますので、多少の歯並びの乱れなら整えることができます。

セラミックは歯垢などの汚れが付きにくく審美性の高い素材として、前歯にも奥歯にも使うことができます。

また、オールセラミックの治療では、歯と詰め物・被せ物の間に隙間ができにくく、金属のように歯と金属の隙間が再び虫歯になるリスクが少ないというメリットもあります。

更に、セラミックは経年劣化のない素材なので、虫歯で再治療が必要になった場合も、セラミックを残して小さく歯を削って治療することができます。

オールセラミックは金属を一切使用しないため、金属アレルギーの方でも安心して装着できます。金属を使った差し歯では、何年かたつと歯茎が黒ずんでくることがありますが、オールセラミックならそのようなことは起こりません。

3.ジルコニアセラミック

ジルコニアは高い強度と生体親和性を持つ素材で、スペースシャトルの断熱保護材や人工関節に使われています。ジルコニアの持つ特徴を生かして歯科材料用に開発されたものをジルコニアセラミックと呼びます。

ジルコニアセラミックは硬度と曲げ強度が高いので、奥歯やブリッジの治療などに適しています。

以前は透明度に課題がありましたが、最近は技術が進化して透明感に優れた自然の歯に近い仕上がりとなり、前歯にも適するようになりました。

ジルコニアセラミックはオールセラミック同様に、金属アレルギーの患者さんでも安心して使えます。

まとめ

このように、審美歯科では特に前歯をより美しく見せるために、オールセラミック、ジルコニアセラミックなどの素材が使われています。どちらも保険適用ではありませんので治療費は高額になりますが、治療後の満足感は大変高い治療といえます。