入れ歯

入れ歯とブリッジのメリットや違いを教えて

入れ歯・ブリッジは、メリットの違いや治療法など、歯科医院へあまり通院されない方はご存知ではないかもしれません。今日は入れ歯とブリッジのメリット・デメリットなどについても詳しくご紹介いたします。

入れ歯とブリッジの違い

  • 細菌感染による虫歯
  • 歯石や歯垢による歯周病
  • 事故などの外傷

このような理由で歯を失う患者様が多く、歯が抜けてしまった場合に、入れ歯やブリッジ、インプラントという義歯治療を行います。入れ歯もブリッジも義歯治療という点では同じです。インプラントを含めてこの三つは、天然歯の欠損部分へ人工歯を入れる補綴(ほてつ)治療です。

入れ歯<局部床義歯>

床(しょう)という土台と人工歯がついていて、隣接する歯にバネ・ロケーターなどの金具で固定する義歯・着脱式の部分入れ歯ならば取り外しが患者様ご自身で可能

ブリッジ<冠橋(かんきょう)義歯・架工義歯>

欠損部分の更に隣の歯を両側削り、その歯を支台歯として橋を架けるように連結した人工歯の形をかぶせる義歯

一般的にわかりやすく分類すると、連続した人工歯のみのブリッジ・人工歯と歯茎の部分が合わさった装置が入れ歯という構成の違いがあります。

歯を失ったまま放置してはダメ

歯を失った状態のまま、放置すると様々な影響があります。

  1. 食事できちんと細かく噛むことができない
  2. 食べものが荒いため、消化器官(胃や腸)に負担がかかる
  3. 欠損部分ではない片側で食べ物を噛む
  4. そのため欠損した側の咀嚼筋や顎の筋力が低下する
  5. 欠損部分の上下の対合歯が噛まないため成長してしまう
  6. 片側の筋肉が発達し片側は低下するため、お顔のバランスや噛み合わせにゆがみがでる

入れ歯やブリッジのメリット・デメリット

入れ歯やブリッジそれぞれにメリット・デメリットがあります。順にご案内します。

入れ歯

  • 欠損部分の隣にある健康な残存歯を削らなくて良い
  • 保険適用・自費治療(ロケーター義歯・マグネットデンチャー・金属床義歯・ノンクラスプデンチャー)など選択肢が多い
  • 保険適用内の入れ歯ならば費用が高くならない
  • ブリッジと比較したら適応できる範囲が部分入れ歯や総入れ歯など広い
  • 保険適用内の入れ歯ならば噛む力は弱い
  • 保険適用の入れ歯で口腔内を覆う床違和感やえずきを感じやすく、口臭の原因になりやすい
  • 食べかすや歯垢(プラーク)が付着しやすく、こまめなお手入れと洗浄が必要

自費の治療の入れ歯は保険適用の入れ歯と材料が異なります。
保険適用の場合⇒不安定で外れやすい・吸水性が高いため変形や臭いがつく
保険適用外の場合⇒歯並びに合わせた入れ歯のため安定性が高い・材料で変形が起こりにくくなる

ブリッジ

  • 保険適用・自費治療から選べて保険適用内のブリッジならば費用が安い
  • 歯科医師が固定するため取り外す必要がない
  • 入れ歯と比べて審美的で目立たず噛む力は強くなる
  • お口の中の状態にもよるが最短の通院回数で治療を終えることができる
  • 大切な歯を削る必要性がある
  • 支台歯がダメになるとその隣の歯を支台歯とするめ、歯の健康寿命が短くなる
  • 連続して歯を失っていると支える歯に大きな負担がかかるため、他の治療法となる
  • 修理などは難しい

まとめ


奥歯がない方は適用できないケースがございます。ちなみに、当院ではテレスコープシステムを採用しておりません。入れ歯やブリッジでどの種類を取り扱うかは、歯科医院によって異なります。抜歯の位置が前歯で人から見えて気になる方、インプラントは料金が高いと躊躇されている方は、一度お気軽に歯医者さんへご相談ください。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック