セットバック整形

出っ歯の原因をきちんと探れば矯正かセットバック手術か適した治療方法がわかる?

出っ歯の原因をきちんと探れば矯正かセットバック手術かわかる?

カトレア歯科・美容クリニック 歯科医師 辻 和志

出っ歯の原因が歯のみか、歯と歯茎の骨なのかを探る事で、歯科矯正か、セットバック手術どちらが適しているかが見えてきます。

出っ歯の原因が歯か骨かで治療法が変わる

他院でワイヤー矯正を行い、リテーナーという保定装置(矯正治療後の歯を動かさないようにする装置)をつける段階までになったのですが、横顔のラインにあまり改善が見られず、出っ歯に見える状態のままというケースがあります。

これは、出っ歯の原因が歯にあるのではなく、上顎の過成長によって上顎の骨が大きく前に出ていることによる、骨格性の出っ歯の場合です。

骨格性の出っ歯を治療するのはセットバック手術

骨格性の出っ歯の場合、口元のふくらみ・出っ歯・Eラインが気になっておられる場合が多く、骨格性の場合は矯正治療を行って歯並びがきれいになっても口元の突出感はあまり減りません。

骨格に問題がなく歯だけが前突している場合は矯正治療

骨格へのアプローチが必要ない場合は、矯正装置を歯に付けて歯を動かしていく歯列矯正の治療を行います。

矯正かセットバックか治療方法選択の基準

具体的にどのようなケースで矯正治療とセットバックを選択するのか、詳しくご説明します。

矯正で治る出っ歯のケース

患者さんの歯茎の形、唇のラインから逆算すると、理想的な前歯は上の前歯と下の前歯の距離が約2~3mmです。上の前歯と下の前歯の距離が8mm以上の場合は、出っ歯と言われる状態です。8mm程度の前突でしたら、歯科矯正で解決します。

セットバック手術で治る出っ歯のケース

歯茎も歯も大きく前に飛び出して口ゴボ(上下顎前突)の状態になっている場合は、歯科矯正を行っても、歯茎の飛び出し具合は治りません。

この場合は歯ではなく、歯茎の中の骨に問題があるため、セットバック手術の適用となります。

まとめ

口元のふくらみを気にされる場合、セットバック手術(輪郭整形)により、歯茎の傾きをぐっと押してあげれば、理想的な前歯と歯茎の傾きバランスになります。ただ、矯正が適しているか、セットバック手術が適しているかは、ご本人のお悩みの原因をより深く追求しなければなりません。原因を深く追求するためには、患者様とじっくりご相談を行うべきと考えます。しっかりとお悩みをお聞かせください。

この記事の監修者
医療法人真摯会 カトレア歯科・美容クリニック
院長 辻 和志

2008年 国立九州大学歯学部卒。医学博士。日本口腔外科学会認定医。ICLS講習修了。

▶プロフィールを見る

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック