セットバック整形

セットバック手術で口ゴボを治せる?

セットバック手術で口ゴボを治せる?

口ゴボの程度によっては、歯科矯正よりも外科矯正であるセットバック手術が適する場合があります。

口ゴボやゴボ口とは?

まず、口ゴボ(ゴボ口)とは、どのような口元かご説明します。

口ゴボとは

口ゴボは、専門用語で歯槽性の上下顎前突と言います。上下とも口元が突出しているため、「アゴが小さく見える」「口元が閉じにくく、口を閉じた時あごに梅干しのようなしわが寄る」というお悩みを抱えています。また、口元に視線を集めるため、鼻が低く見えがちです。

口ゴボの原因

口ゴボの原因は、先天性、後天性と分類できます。上あご・下あごの大きさや小ささ、出っ歯が遺伝的に骨格へ影響している場合は、先天性です。成長段階の癖(口呼吸・噛まない・姿勢の悪さなど)であごが成長し過ぎたり、もしくは劣成長(成長しない)という場合が、後天性です。

セットバック手術?歯科矯正?

大人の方が口ゴボを治したい場合、ご自身の口元がどの程度の状態か知りましょう。口ゴボの程度は軽度・中度・重度と分類できますが、軽度・中度の場合は、歯科矯正が適しているケースが多いです。ただし、重度の場合は、歯そのものより骨格が出ているケースが多く、歯科矯正では治りません。

口ゴボを1日で治すセットバック整形

歯列矯正では治りきらない口ゴボ・出っ歯・受け口を、骨ごと治す外科矯正『セットバック整形手術』について。

重度の口ゴボにはセットバック手術が向く理由

重度の場合、歯科矯正よりセットバック手術がなぜ適するか、ご説明します。

出ている骨格を下げることが可能

大人の方の治療では、歯科矯正で骨格を動かすことがなかなか難しく、出ている骨格を治しづらいです。その点、セットバック手術では歯2本分の骨とあごの骨を切るので、骨格を下げることができます。

セットバックの具体的なやり方

具体的には、左右の第一小臼歯(主に正面から数えて4番目の歯)を抜歯し、その部分の歯槽骨も併せて切除します。あごの骨を切り前歯とその歯槽骨をフリーにし、抜歯で空いたスペースを利用して、前歯と歯槽骨を後ろに下げてチタンプレートや医療用ワイヤーで固定するという方法がセットバック手術です。セットバック手術は日帰りで行える手術です。入院の必要がなく、術後の検診も少ないというのがメリットでもあります。

尖がる口の傾きを調整できる

また、セットバック手術はただ骨切りをして下げる、それだけではありません。当院のセットバック手術の特徴でもありますが、少しだけ歯と骨を立てるよう、角度をつけて前歯や歯槽骨を下げます。症例経験の多いドクターにより、口元のバランスを整えます。尖り気味の口元が目立ちにくい口元になり、きれいなEラインにすることが可能です。

まとめ

女性

ウィルスによりマスクが手放せない現在、輪郭整形(セットバック手術)を行いやすい状況です。腫れを見られたくないダウンタイムは口元をマスクで覆いますが、マスク着用が一般的な現在においては不自然ではありません。口ゴボが気になる方、ご自身の程度がセットバック手術か歯科矯正かどちらが適しているのかお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック