セットバック整形

セットバック手術とルフォーⅠ型骨切り術の違いとは

セットバック手術とルフォーⅠ型骨切り術の違いとは

口元の突出感にお悩みで、歯科矯正より早く治す方法をと考えた場合、この二つの外科矯正にたどりつく方が多いです。

セットバック手術は、左右の第一小臼歯(主に正面から数えて4番目の歯)を抜歯し、その部分の歯槽骨も併せて切除します。その空間を利用し、フリーとなっている前歯と歯槽骨を後ろに下げてチタンプレートで固定するという方法がセットバック手術です。所要時間およそ2~3時間で行え、且つ術後検診の回数も少ないというのがメリットです。

ただ、セットバック手術はルフォーⅠ型骨切り術に比べて、動かせる範囲が狭いという事(上下の前歯の後退のみ)がデメリットですが、セットバック手術では口元の突出感(傾き)を限局的に変えられます。ルフォーI型骨切り術では、セットバック手術ほどには変えられないことがあります。

当院で行うセットバック手術は、口元の突出感でお悩みの患者様に、前歯と歯槽骨の角度を少し立てて後ろに下げるよう処置を行っております。それにより、口元の突出感を解消できます。

ルフォーⅠ型骨切り術は、上顎の上唇と歯肉の境目を切開します。鼻の横の高さから上顎骨を水平に切り、口元の突出感や、中顔面の長さを短縮できる手術です。ルフォーⅠ型骨切り術は、上顎骨全体を動かせる為、動かす範囲が大きいという点がメリットです。

ただ、ルフォーⅠ型骨切り術を行った場合、10日前後の入院(クリニックにより異なる)が必要となります。また、上下の歯の噛み合わせの問題、鼻の目立ち具合など、新たな問題が出てくるので、下顎支矢状分割術(SSRO)や鼻翼挙上術を併用し、顎先や鼻などの手術を行わなければならないケースがほとんどです。費用が更に多く発生しますし、心身の負担が増えるのも大きなデメリットです。

セットバック手術やルフォーⅠ型骨切り術はお口の中から手術を行い、骨は生体親和性の高いチタンプレートで接着します。ちなみに、セットバック手術の場合は半年ほど経てば粘膜は再生しますので、大きく口を開けても切開の傷跡は目立ちません。むくみや腫れの起こるダウンタイムの期間も、全てマスクで覆える範囲ですので、人目につきにくいです。

どちらの外科矯正も手術なので、むくみや腫れなどの表面的な変化、痛みによるダウンタイムは発生します。それらは個人差がありますが、術後検診の際に気になる箇所があれば担当医に相談をしましょう。

また、接着に使用したチタンプレートは、ご希望であれば術後一年経てば除去する事が可能です。料金が発生するかはクリニックにより異なりますが、担当医にプレート除去を相談した場合、術後の状態が良ければそのような処置を行えます。

輪郭整形(セットバック手術)やルフォーⅠ型骨切り術には、様々な違いがあります。どちらが適している口元かと思われた場合は、ご相談ください。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック