歯周病

免疫が強いと歯周病にならずに済むの?

免疫が強いと歯周病にならずに済むの?

身体の中に異物が入った場合には、身体に備わっている免疫システムが作動します。歯周病菌が体内に侵入しても、免疫が強いと歯周病にはならずに済むのでしょうか?身体の免疫がどのように働くのかご説明します。

歯周病は歯周病菌による感染症

歯周病は、歯垢の中で繁殖した歯周病菌が歯茎に炎症をおこして歯周組織を破壊していく感染症の一種です。

お口の中には常に様々な細菌が存在していて、唾液による湿度や人間の体温は細菌にとってとても居心地が良く、繁殖しやすい環境なのです。歯周病を引き起こすとされている細菌は歯の表面の歯垢や歯石や歯周ポケットの中でどんどん仲間を増やして、歯茎の炎症を悪化させていきます。

歯茎の腫れは、最初はご本人にはわかりにくく、痛みなどの自覚症状もないので歯周病の初期の段階では気付かないことが殆どです。そのため歯周病は別名サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と呼ばれています。

歯周病が進行して重度になると、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしていき、最後には歯が抜けてしまいます。歯が数本まとまって抜けることもあります。

歯を失うことのデメリット

  • 食べ物が噛めなくなる
  • 歯のない部分から空気が漏れて発音が不明瞭になる
  • 前歯を失うと口元が引っ込んだ感じになり老けて見える

歯周病菌と身体の免疫システムとの戦い

歯周病菌がお口の中で繁殖すると、これを排除するための免疫という機能が働きます。免疫とは誰にでも備わっており、体内に侵入してきた細菌やウィルスなどの異物から身体を守るシステムのことです。免疫システムが働いたために起こる身体の反応を免疫反応といいます。

例えば歯周病で見られる歯茎の炎症は免疫反応の一つです。炎症が起こるのは、身体の免疫システムが正常に機能している証です。

炎症が起こるメカニズムをご説明しましょう。歯周病菌が歯肉などから侵入してくると、すぐに白血球の一つである好中球とマクロファージが出動して歯周病菌をやっつけるために戦います。

歯肉炎の段階では細菌の数が少ないため、好中球とマクロファージの力で細菌を体内から排除することができます。つまり、初期の歯周病では、身体の免疫力が働いて歯周病菌を排除しようとしますので、歯周病が悪化するのを食い止めることが出来るのです。

身体の免疫システムも万能ではない

しかし、炎症が長引いて歯周炎へと進行すると、細菌は嫌気性菌という強敵となります。細菌の数も多くなり、好中球やマクロファージだけでは細菌を排除できなくなってしまいます。

そこで、白血球の中のリンパ球が細菌との戦闘に加わります。ここで細菌に対する強力な武器となるのがサイトカインという物質です。サイトカインはリンパ球によって作られ、炎症を抑え込む働きがあります。

しかし歯周炎が重症化すると次から次へとサイトカインが作られて、サイトカインの活性があまりに強くなりすぎると、細菌だけでなく、自分の組織をも傷つけてしまい、免疫が暴走した状態になってしまいます。

歯周病が免疫を低下させるという悪循環もある

歯周病が軽度であるうちに定期検診を受けることが出来た方は、歯磨きの仕方や歯科医院での歯のクリーニングによって歯茎の炎症などの症状がかなり改善します。しかしセルフケアだけに頼っている間は、歯周病であることにご本人が気付きませんので、歯茎の炎症が目に見えて改善することは希です。

歯や歯茎が健康でなくなると、柔らかい食事を選びがちになり、歯垢が歯に付着しやすくなります。よく噛まずに飲み込むことで、内臓の負担も重くなり、消化吸収が悪くなって全身に必要な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

身体の免疫を高めるためには、栄養バランスの良い食事と良質な睡眠を確保し、メタボや生活習慣病を予防することが大切です。

まとめ

免疫力アップ

身体が健康で免疫力が強ければ、お口の中で歯周病菌がどんどん繁殖することはありません。しかし、ストレスや睡眠不足などのちょっとしたきっかけで免疫が落ちると、歯茎に炎症が拡がってしまいます。歯肉炎がひどくなる前に栄養の十分な食事や質の良い睡眠で免疫力を高め、体力をつけましょう。

 

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック