矯正歯科

マウスピース矯正に人気が集まった理由って?

インビザライン

歯の矯正をお考えの方なら、殆どの方が興味をもっておられるであろうマウスピース矯正について、何故これほどマウスピース矯正装置に人気が集まっているのかをご説明します。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正

現在、矯正装置の中ではマウスピース矯正が人気ナンバーワンといってもいいと思います。

数年前までの一般的な矯正方法は、歯にブラケットを貼り付けてワイヤーを通す方法でした。小児矯正では取り外し式の矯正装置がありましたが、大人の矯正ではワイヤーで行うものでした。

ワイヤー矯正は熟練した矯正医にとっては自由自在に歯を動かすことの出来る優れた治療法です。ワイヤーが他人から見えるのが嫌な方の場合は、歯の裏側にブラケットとワイヤーをつける裏側矯正と呼ばれる方法があります。

日本人は矯正装置が他人から見えることを嫌うため、裏側矯正は大変人気のある矯正方法でした。しかし欧米では矯正治療をすることは育ちが良い証拠となるので、装置が他人から見えるのが誇らしく、隠す必要なんて全くなかったのです。

一方、日本では、なるべく目立たない矯正装置を希望される方が多かったため、マウスピース矯正が登場すると、徐々に人気が出始め、患者数が増えていったのです。

マウスピース矯正が登場して数年間は、マウスピースでは部分矯正のような軽度の不正咬合しか治療出来ないというのが矯正医の常識でした。しかしマウスピースの素材やマウスピースを製作するためのソフトやハードに様々な工夫が加えられた結果、現在では様々な症例に対応できるインビザラインという名前のマウスピースと、軽度な不正咬合を専門に治療するタイプのマウスピースが存在するようになりました。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正装置は取り外すことができる

マウスピース矯正に人気がある理由は、「自分でいつでも取り外しができる」ということです。マウスピース矯正では1日に20時間程度はめていなければならない等の制約がありますが、食事の時は外しても良いので、食事を普段通りに楽しめます。
これは他の固定式の装置にはないメリットといえます。

マウスピース矯正装置は治療中も目立たない

マウスピース矯正には「目立たない」というメリットもあります。装置をつけていても接近してじっくり見ないと他人にはわかりませんので、モデルさんやアナウンサーの方など、職業上矯正装置がつけられない方におすすめです。

このように自分で取り外せて、あまり目立たない矯正装置で、周囲の人が気づかない間に歯並びがきれいになっていくというのがマウスピース矯正のメリットです。

治療する歯科医師側からみると、ワイヤー矯正とマウスピース矯正にはそれぞれメリットとデメリットがあり、一長一短であるともいえます。しかし実際に矯正装置をつける患者さんの立場で見ると、目立つ矯正装置はつけたくないとおっしゃる方が多いので、マウスピース矯正には大きなメリットがあります。

まとめ

大人の矯正治療は殆どの症例で、歯にワイヤーをつけるか、それともマウスピースにするかという二種類の矯正装置からの選択となります。

ワイヤー矯正は歯の表面にブラケットというボタンのようなものを取り付け、ワイヤーを通すため他人から見えてしまうのが大きなデメリットとなっていました。その点、マウスピース矯正は、透明な樹脂のマウスピースを使うため、他人から見えないような装置を希望される方にとても人気があります。

ワイヤー矯正は固定式で自分では外せないため、自分で取り外して食事が出来るのもマウスピース矯正の大きなメリットです。このように、患者さんたちがより快適な装置を求められた結果、マウスピース矯正が現代で最も人気のある矯正装置となったのです。