歯周病

歯みがきしていても歯周病になるのはどうして?

歯ブラシを持つ女性

成人の8割が歯周病菌を所有しているといわれています。歯磨きしていてもあなたのお口の中にも歯周病菌が可能性は十分にあります。それはどうしてでしょうか?

歯周病にかからないようにするためには、まず歯周病を知ることが第一歩です。

歯みがきしていても歯周病になるわけ

歯周病は歯周病菌による感染症です。お口の中で歯周病菌はどのように棲息し、歯肉の炎症や出血などを起こして病気を進行させていくのでしょうか。

現代では多くの人が、朝晩の歯磨きを欠かさず、昼食後に歯磨きをする人も少なくありません。しかし1日に3度も歯磨きをしていても、歯周病にかかってしまう場合があります。
それは、歯みがきだけでは完全に歯の汚れを落とすことが不可能だからです。

毎日の歯みがきをしっかりと続けていても、歯と歯の隙間や、歯と歯茎の間の溝や、歯周ポケットの内側隙に、落としきれなかった歯垢がたまってしまいます歯垢は48時間程度で塊になり、頑固な歯石となって歯ブラシでは落とすことが出来なくなります。

歯石そのものは歯周病の原因ではありませんが、歯石がある為に歯ブラシの毛先が奥に届かなくなり、歯垢が取れなくなって、そこに細菌が繁殖してしまいます。細菌の中には善玉菌もいますが、虫歯や歯周病を引き起こす悪玉菌も多く存在しています。

歯ブラシで落とせない歯垢はどうやって落とす?

歯みがきを毎日していても落とせない歯垢は、そのまま放っておくと頑固な歯石になってしまいます。そうなると更に歯みがきでは落とせませんので、歯科医院で行っている定期健診を受けていただき、歯科衛生士による歯のクリーニングでお口の中の隅々までもきれいに洗う必要があります。

歯のクリーニングにはエアフローを使用します。PMTCを行う場合もあります。どちらもプロにしか出来ない歯のクリーニングで、歯と歯の間や、歯茎の溝などにたまった歯石を洗い流して、歯石が出来ている場合はそれも取り除きます。

汚れが落ちて歯の本来の色が戻ってきますので、ホワイトニングをしなくても歯が白くなったと感じる方も多いです。

虫歯や歯周病を引き起こすのはどんな菌?

虫歯と歯周病はお口の中の二大疾患といわれるものですが、虫歯と歯周病の原因となっている菌の特徴は大きく異なります。

虫歯はミュータンス菌と呼ばれる菌によって起こり、ミュータンス菌は歯の表面に張りつきます。それに対して歯周病の原因となっている菌は10~20種類もあり、ポルフィロモナス・ジンジバリス、トレポネーマ・デンティコーラ、タンネレラ・フォーサイセンシスの3種類の菌が多く、歯茎への影響も大きいです。

歯周病菌のほとんどは嫌気性菌で、空気を嫌います。そのため、空気に触れにくい歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間の歯周ポケット内に入り込んで増殖していきます。

虫歯菌と歯周病菌は相性が悪く、どちらか一方だけが活性化する傾向にあります。つまり虫歯になりやすい人は歯周病にはなりにくく、歯周病になりやすい人は虫歯にはなりにくいということです。

その結果、虫歯が殆どない強い歯を持っていても、シニアになると歯周病が酷くなりやすいということが起こります。

まとめ

歯周病の原因菌は、歯と歯の隙間や、歯と歯茎の溝、歯周ポケットの中などに潜り込んで増殖します。

これらの場所は普段の歯みがきでは毛先が届きませんので、3~4ヶ月に一度定期健診を受けて頂くと、歯科衛生士が歯垢や歯石をきれいにクリーニングし、虫歯や歯周病の予防を行うことが出来ます。