歯と口のトラブル

CMなどでよく聞く知覚過敏とは?

CMなどでよく聞く知覚過敏とは?

冷たいものを食べたときに歯や歯茎がしみることがあります。それは知覚過敏の症状である可能性があります。知覚過敏そのものは病気ではありませんが、原因や予防についてご説明します。

虫歯じゃないのに歯が痛い知覚過敏

虫歯じゃないのに歯が痛い知覚過敏

知覚過敏は刺激に対する防御反応として起こっているもので、知覚過敏そのものは病気ではありません。しかし知覚過敏に悩んでいる方にとって、しばしば起こる歯の痛みは深刻です。

知覚過敏は強すぎる歯磨きや間違った方法で歯磨きしているために、エナメル質が傷ついたり削れたりした事が原因です。

歯ブラシを歯に強く当てすぎて繰り返し擦ることで、歯の表面のエナメル質が傷つくと、冷たいものや、歯に風が当たるなどのほんの少しの刺激が神経に伝わり、歯に痛みを起こしてしまうのです。

歯周病が進行して歯茎が退縮し、歯根が露出してしまった場合も、知覚過敏が起こります。歯根は象牙質で出来ており、エナメル質とは違って痛みを感じます。

噛み合わせや歯ぎしりが原因の知覚過敏

かみ合わせや歯ぎしりが原因の知覚過敏

知覚過敏が起こる原因のひとつとして、噛み合わせの悪さや歯ぎしり・食いしばりがあげられます。

歯ぎしりがあると、歯に横方向の強い力がかかり、歯は横方向の力に弱いため、歯茎や歯の根にも負担がかかります。横方向の力によって歯茎に退縮が起こると、歯の根の象牙質が露出し、そこに冷たいものなどがしみるようになります。

知覚過敏の治療方法とは?

歯ぎしりの治療法とは?

知覚過敏の治療としては、歯が削れてしまった部分に薬を塗って歯の再生を促します。歯磨きが原因で知覚過敏が起こっている場合は、正しい歯磨き方法を身につければ知覚過敏も治っていきます。

噛み合わせが悪かったり、歯ぎしり・食いしばりが知覚過敏の原因になっている場合は、ナイトガードと呼ばれる就寝中に使用するマウスピースを使ったり、被せ物の高さの微調整などで咬合調整を行います。

知覚過敏は自然に治ることもある

誤った歯磨きの仕方で起こっている知覚過敏は、正しい歯磨き方法を身につけ、毎日歯のケアを続けていくうちに、あまり痛みを感じなくなることもあります。

また、知覚過敏は若い人ほど起こりやすいといわれています。年齢とともに神経の働きが鈍くなり、神経の退縮や、神経への刺激が伝わりにくくなるということが起こってきます。そうすると知覚過敏による痛みを感じにくくなり、知覚過敏がおさまったように思えることもあります。

しかし痛みを感じないからといってエナメル質の傷が治ったわけではありませんので、定期健診を受けて歯科医師の指示に従って下さい。

まとめ

知覚過敏

知覚過敏は原因によって治療のアプローチの仕方が違います。知覚過敏用の歯磨き粉はドラッグストアなどで手軽に購入できますが、それだけでは改善しない場合もありますので、必ず歯科医院を受診するようにして下さい。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック