虫歯

虫歯が「できやすい人」「できにくい人」っているの?

虫歯に「なりやすい人・なりにくい人」ってあるの?

毎日同じように歯磨きしていても、なぜか虫歯になりやすい人となりにくい人がいます。この違いって何なんでしょうか。虫歯ができやすい人の特徴についてご説明します。

虫歯とは

口腔内に存在する虫歯菌が、歯の表面に付着して歯垢(プラーク)を作り糖分をエサにして酸を排出し、その酸が歯を徐々に溶かしていく病気です。放っておくと歯に穴があいてどんどん進行していきます。穴が開いてしまうと自然に治ることはありません。

虫歯の進行

虫歯は、虫歯の原因菌をお口の中で増やさないようにすること、酸を作りにくくするような生活習慣をすることが大切です。

虫歯になりにくい生活環境にすれば十分予防できる病気です。

虫歯になりやすい人の特徴

①歯磨きが行き届いていない

毎日歯磨きをしていても、歯磨きが不十分だと虫歯になってしまいます。また、矯正治療中の方は歯と矯正装置の間などに虫歯が出来やすいです。親知らずも歯ブラシが届きにくいために虫歯になりやすいです。

②虫歯の原因菌が多い

口腔内にはたくさんの細菌が存在します。それらの細菌の中に虫歯の原因となる菌の数が多いければ多いほど、酸性濃度が濃くなり歯が溶けだしてしまいます。

③歯の質が弱い

歯の表面のエナメル質の構造が弱いと歯が虫歯になりやすくなります。

④飲食する時間が長い

飲食が終わると口腔内は酸性から中性に戻ります。(戻る作用が働きます。)
しかし、飲食をダラダラ続けていると、口腔内の中和が追い付かず虫歯になるリスクが高まります。

⑤唾液の質がよくない

唾液には中和作用や殺菌作用、歯が溶けた部分を修復する作用があります。そのため唾液の分泌量が少なかったり粘液性が強いと、上手く作用しなくなり虫歯になりやすくなります。

⑥歯並びや噛みみ合わせに問題がある

歯並びが悪いと、重なり合った歯と歯の隙間や重なった歯の陰に歯ブラシが届いていないため、プラークが溜まってしまい、それが原因で虫歯になってしまいます。噛み合わせが悪い場合は、噛む力のバランスが良くないため歯の表面を傷つけてしまうことがあります。
そこから、虫歯菌が侵入し虫歯へとつながってしまいます。

⑦甘い食べ物や飲み物を好む

虫歯の原因菌の中には、糖分を好む細菌が存在するため、甘い食べ物を習慣的に食べている方は、虫歯になりやすい傾向が見られます。

虫歯ができやすい人の予防法

虫歯ができやすい人の特徴は、どのようにすれば虫歯予防が出来るかのヒントになります。虫歯予防には下記のような項目に気をつけましょう。

  1. デンタルフロスを使用する:歯と歯の汚れの取り残しを落とす効果がある
  2. よく噛んで食事をする:唾液の分泌を活発にし洗浄効果を高めプラークの増殖を防ぐ
  3. フッ素塗布で虫歯予防:フッ素濃度の高い歯磨き粉・ジェル・洗口液などを使用する
  4. キシリトール配合の物を食べる:キシリトールが50%以上配合されているものを選ぶ
  5. ダラダラ飲食をしない:間食は時間を決めて飲食し、それ以外は口腔内を清潔に!

まとめ

歯みがきセット

虫歯は、様々な条件が重なると発生しやすくなります。その要因のほとんどは遺伝的ではないため、普段からの心がけによって虫歯になりにくくすることも、なりやすくすることもできます。

自分は虫歯になりやすいと決めつけないで、日々の生活習慣次第でどっちにもなれますので、是非「虫歯になりにくい人」を目指してみてください。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック