こども

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるのが良い?

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるのが良い?

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるのが良いのか、悩むママやパパも多いと思います。赤ちゃんの歯を磨いてあげる方法や注意すべきポイント、仕上げ磨きの大切さや期間についてもまとめてご紹介いたします。

赤ちゃんはいつからむし歯になる?

生後間もない生まれたばかりの赤ちゃんのお口を見ると、歯はない状態です。お口の中には、虫歯菌は存在していません。では、むし歯になるのはどういう時かというと、周囲のむし歯菌を持つ大人から感染します。

  • 食器・スプーン・フォーク・お箸を大人と共有する
  • スキンシップや食品の温度を冷ます際に噛んで細かくする
  • ふーふーと息を吹きかけ冷まして食事をあげる

このような行動は、歯が生え始めていない赤ちゃんでも、口腔環境のためには良くありません。唾液が赤ちゃんのお口に入らないよう注意しつつ、赤ちゃんと多く触れあいましょう。

感染の窓や歯の生え変わりの時期に注意

ただし、赤ちゃんの時期を過ぎたら、虫歯にならないというわけではありません。感染の窓という1歳半から2歳半の時期は、前歯だけではなく奥歯も生える時期です。そのため、むし歯菌に感染してしまうと、口腔内に定着してしまい、むし歯になるリスクが上がってしまいます。また、乳歯から永久歯に生え変わるタイミングもむし歯になりやすい時期です。

大きくなっても、食器やスプーンや、ふーふー冷ますなどについては気を付けておきましょう。

赤ちゃんの歯磨きはいつから?方法は?

では、赤ちゃんの歯みがきはいつから行えば良いのでしょうか。

歯磨きデビューのタイミングとしては、下の前歯が生えた頃、もしくは離乳食を食べ始める時、いずれか早い方に合わせて行うのが良いでしょう。

離乳食による食べかすがお口の中に残ってしまうと、乳歯のむし歯などのトラブルになります。ただ、離乳食と同じく、大人と同じ形状の歯ブラシを持たせるわけではありません。赤ちゃんの歯磨きの方法をご案内します。

  1. 清潔なガーゼをぬるま湯で湿らせ、歯の表面や裏面に付着した汚れをやさしくこするガーゼ磨きをします
  2. ガーゼで歯を磨くこと慣れてきたら赤ちゃん用の歯ブラシを握らせてお口に入れます
  3. のどを突かない構造・ブラシ部分に毛先がない種類の歯ブラシで、お口の中に歯ブラシが入る感覚に慣れてもらう

赤ちゃんに持たせる歯ブラシと仕上げ用の歯ブラシを準備し、使い分けましょう。握って遊びでお口の中に入れただけでも上手だねと褒めてあげると効果的です。時間のタイミングとしては、寝る前には必ず歯磨きを行い、慣れれば食事の後に歯磨きを増やして習慣にしていきます。コツとしては、無理にやって嫌がるよりも、機嫌の良い時に赤ちゃんに歯磨きを行いましょう。

歯がない状態のときに、指歯ブラシを使用して授乳の際に練習すれば、歯みがきにスムーズに慣れると思います。ガーゼ磨きは簡単にケアできるので、赤ちゃんのオーラルケアをそれで行う保護者さんがおられると思います。2本など複数の歯が生えてくると、歯と歯の間や、歯と歯肉の間にたまった歯垢(プラーク)や食べかすは磨き残しになり、ガーゼのみで除去することが難しいです。

赤ちゃんはいずれ子供になり、大人へ成長します。一人で歯みがきをする必要があり、その過程を考えても、赤ちゃんには早めに歯ブラシの感触に慣れさせると良いでしょう。

いつからいつまで仕上げ磨きをするの?

一般的に仕上げ磨きを行う目安は、赤ちゃんの頃から小学校高学年になるまでがおすすめです。虫歯の原因を予防するため、大切な歯の健康を守るため、しっかりと行ってあげてほしいです。とはいえ、成長するにつれ、一人でできるとお子さんに言われるかもしれません。そのようなケースになれば全部の歯を保護者が磨くというのではなく、「奥歯だけむし歯になりやすいし、歯ブラシが届きにくいからするね」と一声かけて、歯の状態をチェックしてあげましょう。

まとめ

  • 赤ちゃんの歯磨きはいつから行えば良いのか
  • 歯医者さんでフッ素塗布をいつから始めれば良いのか

もし、ご自身がまだ妊娠中の場合は、早い段階で歯科の治療を行うことが赤ちゃんの虫歯予防のためには大切です。出産後、歯科医院へ通院されていて、小児歯科を扱っているクリニックであれば、歯科医師やスタッフへお気軽にご相談をするのも一つの方法です。一緒に受診いただき、歯磨き粉はいつから使うのか、親子で歯磨きを楽しく行うためのやり方、小さい子供と大人の歯のケアの違いや注意点を確認できます。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック