歯と口の基礎知識

マウスウォッシュって何ですか?デンタルリンスや洗口液は歯磨きの代わりになる?

マウスウォッシュって何ですか?

マウスウォッシュは口に含んですすぐことで効果が得られるものです。液体ですぐに使えて手軽なため、日常のオーラルケアの1つとしてぜひ使いこなしていただきたいです。

マウスウォッシュとは?

マウスウォッシュはうがい薬や洗口剤とも呼ばれ、デンタルリンスと洗口液に分けられます。液体なのでお口のすみずみまで薬剤がひろがり、歯と歯ぐきの隙間までいきわたらせるようにすると、より効果が期待出来ます。

使用後に水ですすぐ必要がないので気軽に使えます。

デンタルリンス(液体歯磨き)の使い方

適量をお口に含み、20秒ほどブクブクうがいをしながらお口の中に行き渡らせます。そして吐き出した後に、歯ブラシでブラッシングをしていきます。

泡立たないためブラッシングしやすく、歯垢が歯と歯の間に残っていないか確認しながら磨けます。デンタルフロスや歯間ブラシもいつものように使うことが出来ます。

洗口液の使い方

うがい薬です。適量をお口に含んで20秒ほどブクブクうがいをして吐き出します。液体で洗い流すだけですので歯磨きの代わりにはなりませんが、お口の中をさっぱりさせたいときにお使い下さい。

デンタルリンス、マウスウォッシュ、口内洗浄剤は歯周病にどの程度効果ある?

口臭を消したり、歯みがきが出来ないときに口の中をスッキリさせる目的で洗口液(せんこうえき)を使っておられる方は多いのではないでしょうか。デンタルリンス、マウスウォッシュ、口内洗浄剤などとも呼ばれていて、ドラッグストアに行けば、様々な種類のものが販売されていますので、目移りしてしまいますよね。

テレビのCMでは歯周病に効果があると言っていますが、マウスウォッシュは歯周病にどの程度効果があるのでしょうか?

実はマウスウォッシュは、歯周病の予防には効果がありますが、歯周病をなおしてくれるわけではありません。というのは、歯周ポケットの中にまでは届きにくく、歯周病の原因とされるバイオフィルムの内側にいる細菌には効果がないと考えられます。

歯垢を取るにはブラッシングなどで擦り取ることが必要

虫歯と歯周病の原因は歯垢で、歯垢はバイオフィルムの一種です。バイオフィルムは口の中にいる様々な細菌を膜のバリアーで覆った状態のことで、バイオフィルムを除去するためには、機械的に磨いて擦りとる必要があります。

歯垢をとるのにマウスウォッシュだけで効果があると楽でいいのですが、実際には歯周ポケットの中には殆ど薬効が期待できません。つまり、一度虫歯や歯周病になったら、洗口剤だけの使用で良くなることはありません。

マウスウォッシュとブラッシングでダブル効果

しかし全く効果がないわけではありません。マウスウォッシュはブラッシングと併用することによって歯肉炎に対する効果があることが報告されていますので、まずブラッシングをして歯垢を除去してからマウスウォッシュを使うことによって、口腔内を清潔にすることができます。

まとめ

マウスウォッシュなどのボトル「

このように、マウスウォッシュはデンタルリンス(液体歯磨き)、洗口液(うがい薬)に分けられ、使い方によって効果が違います。面倒でもやはり歯みがきを主にして、マウスウォッシュは補助的に使用するという考え方で、毎日のお口のケアをしてくださいね。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック