歯周病

タバコと歯周病って関係ありますか?

タバコと歯周病って関係ありますか?

タバコが身体に良くないということは良く知られていますが、
口腔内にも悪い影響を与え、禁煙することで
歯周病になる危険性が約半分になるといわれています。
以下でご説明します。

タバコの中の有害物質が歯周病を進行させる

愛煙家の方には耳が痛い話かもしれません。
「タバコは百害あって一理なし」とよくいわれていますが、タバコは
全身の健康に悪い影響を与えるだけでなく、お口の健康とも相性が悪いです。

タバコは口腔がんを発生させる原因としても知られていますし、
歯周病を進行させる要因の1つでもあるのです。

更に、治療してもなかなか治らず、歯周病の進行も早いということがわかっています。
それはニコチン・タール・一酸化炭素をはじめとする200種類ほどの有害物質が
喫煙によって体内に取り込まれるからです。

ニコチン・タール・一酸化炭素は何が悪いの?

タバコには約4000種類の化学物質が含まれていて、そのうちの200種類以上は有害物質だといわれています。その中でもタバコに含まれる量と毒性が強いのがニコチン、タール、一酸化炭素です。

ニコチン

禁煙したいのにタバコがやめられない理由は、タバコの歯に含まれるニコチンには強い依存性があるからです。吸い終わって少し時間が経つとイライラが始まり、また次の一本を吸うことになります。ニコチンの依存は薬物中毒の一種と考えられています。

タール

タールはヤニと呼ばれるネバネバした黄褐色の液体です。発がん物質が多く含まれており、歯や気管支、肺に付着すると体外への排出が難しくなります。

一酸化炭素

一酸化炭素が体内に入って血液中のヘモグロビンと結合すると、血液が十分な酸素を運搬することが出来なくなり、体内は軽い酸欠状態になってしまいます。

なぜタバコが歯周病に良くないのか?

統計によると、タバコを吸っている人は歯周病にかかるリスクが高くなり、タバコを1日20本以上吸う人で5.4倍、10年以上吸っている人で4.3倍となります。また歯周病が進行しやすく治りにくいので、結果的に重度の歯周病になりやすいことがわかっています。

それではどうしてタバコは歯周病にとって悪い影響を与えるのでしょうか?その理由は以下の通りです。

1.タバコを吸うと歯茎の血行が悪くなる

タバコの煙に含まれる一酸化炭素によって十分な酸素が組織に運ばれなくなります。更に、ニコチンによって血管が縮むため、組織が酸欠状態になります。

2.タバコを吸うと免疫力が落ちる

ニコチンによって免疫力が低下して歯周病が発症、進行しやすい状態になります。

3.タバコを数と唾液が減る

タバコを吸うと交感神経が活発になり興奮状態になります。そうすると唾液の分泌が減って
お口の中を浄化する作用が働きにくくなり、歯周病菌などの細菌が繁殖しやすくなり歯周病が進みやすくなります。

4.タバコを吸うとヤニの影響を受ける

歯の表面にヤニが付着するため、歯面がざらつき、歯垢がつきやすくなります。また、ヤニからニコチンが溶け出しますので常に口腔内組織に悪影響を与えます。

5.タバコを吸うと傷の治りが遅くなる

ニコチンは傷の治りを促す細胞の働きを抑えます。そのため治療後の傷の治りが遅くなり、
抜歯後や、インプラントなどのオペ後の治りが良くないです。

まとめ

喫煙のイメージ

タバコに含まれるニコチン、タール、一酸化炭素などの有害物質が歯周病の進行、悪化とどのように関係があるかをご説明しました。減煙すれば健康への多少の効果はありますので、タバコの本数を減らすことをまず目標にされることをおすすめします。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック