セットバック整形

歯科でセットバック手術を行えば術後の隙間もバッチリ?

歯科でセットバック手術を行えば術後の隙間もバッチリ?

セットバック手術により発生した隙間が気になる方は、セラミック矯正、インビザラインなどのマウスピース型矯正、いずれかを行えば綺麗な歯列になります。

セットバック手術の隙間の埋め方

では、何故セットバック手術で隙間が空くのかご説明いたします。

セットバック手術とは

セットバック手術では歯2本とその部分の骨を抜き、空いたスペースを利用して、出っ歯や受け口などの前突気味の歯とあごを奥に後退させる処置を行います。4番目の歯はおおよそ6~7mm程あり、その部分の3~4mmを使用し後退させます。奥歯の噛み合わせを考慮して下げるため、わずかに隙間が発生します。患者様によって異なりますが、おおよそ隙間は3~4mmとお考え下さい。

セラミック矯正とインビザラインの特徴

セットバック手術後の隙間が気にならない方は、そのまま術後検診を受診ください。ただ、隙間が気になる方は、術後検診後にセラミック矯正とマウスピース矯正の治療が有効です。どちらを選択するか迷われると思いますので、それぞれ特徴を挙げて比較しましょう。

セラミック矯正の特徴

セラミック治療ならば最短2回で治療は終了するというメリットがあります。ただし、健康な歯を削ってブリッジの支台にするため、他の歯に負担がかかるというデメリットがあります。おおよその目安をお伝えします。術後の6ヶ月検診の後に2回ご来院いただき、セラミック治療を行うとお考え下さい。

インビザラインの特徴

もう一つの隙間を埋める方法がインビザラインです。インビザラインを選択すると治療期間は約2年程かかることがデメリットですが、それにより隙間のない綺麗な歯列を手に入れることが出来ます。先程のセラミック治療を行う場合、歯を削らなければいけないというデメリットがありますが、こちらの場合はそのデメリットがありません。

セットバック後を考えると歯科で手術が有効

インビザラインにしても、セラミックの被せ物にしても、歯科の治療が大きく関わってきます。前歯を大きく動かす事で、上唇・下唇・あごへのラインが変わりますが、そのためには、奥歯の関係もしっかり見ておかなければ手術はできません。

奥歯も含めて歯が健康な状態か確認

奥歯のかみ合わせが健康な状態であるかをチェックすることは必要です。例えば歯が抜けている方、歯周病になり歯がぐらついている方、歯の根が病気の方など、そのような病気があれば手術は行えません。

術前に全員レントゲンやCTで検査を受けていただき、絶対に病気がないことを確認のうえ手術に踏み切ります。これは歯科的な領域になりますので、歯科医師や口腔外科医が診なければ難しいところがあるかもしれません。

まとめ

セットバック手術(輪郭整形)は、手術をして終了ではありません。前段階のカウンセリングでしっかりとお悩みを伺い、検査をきちんと受けていただきます。無事に手術が終われば術後検診で、あごや歯の状態を確認いたします。些細なお悩みでも気になる箇所があればご相談ください。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック