インプラント

インプラントは入れ歯やブリッジと比べてどうなの?

インプラントは入れ歯やブリッジと比べてどう?

インプラント、入れ歯、ブリッジは歯を失ったときの治療法です。それぞれの違いやメリット・デメリットを比較してみましょう。

インプラントってどんな治療?

インプラントとは、歯を抜いたところの顎の骨に埋め込む人工の歯根のことです。その上かに人工の歯を装着すると、失った歯を人工的に補うことが出来ます。そうして咬合を回復させる治療法をインプラント治療といいます。

天然の歯の歯根の代わりになる部分はインプラント体(人工歯根)と呼ばれ、歯茎から上に見えている白い歯の代わりになる部分を上部構造(被せ物)といいます。インプラント体と上部構造をつなげる小さな部品をアバットメント(支台)といい、インプラントはこの3つから成り立っています。

歯を失った時の治療法「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」

歯を失った時の治療法は入れ歯、ブリッジ、インプラントの3種類です。これらの治療にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、歯がなくなった部分の治療を考えている患者さんは、この3つの違いを比較してみて、どの治療を受けるかを慎重に決めなければなりません。

表にして項目別に比べてみるとわかりやすいと思います。

治療法 入れ歯 ブリッジ インプラント
入れ歯 ブリッジ インプラント
保険適用 あり あり なし
メリット ・周りの歯を削らない
・保険の入れ歯なら治療費が安い
・比較的短期間で治療できる
・見た目が良く違和感が少ない
・固定されているため入れ歯より良く噛める
・保険のブリッジなら治療費が安い
・比較的短期間で治療できる
・見た目が良く審美的に美しい
・硬い物でもよく噛める
・周りの歯を傷めない
・骨が吸収されるのを防げる
デメリット ・硬いものを噛みにくいことがある
・金属のバネが見えてしまう
・たわんだり外れたりすることがある
・口の中での違物感がある
・毎日取り外して洗浄する必要がある
・両隣の歯を削る必要がある
・ブリッジを支えている歯を傷めるリスクがある
・食べ物がつまりやすい
・日帰り手術が必要
・インプラントが骨と結合するまで期間がかかる
・保険がきかないため治療費の負担が大きい

治療に対して求めているものの優先順位は、患者さんによって違います。「快適に噛めること」、「見た目」、「費用」など、患者さんご自身が重要だと思われる点を治療法ごとにしっかりと比較しましょう。

しかし、患者さんの失った歯の位置や周囲の歯や骨の状態、また全身疾患の有無などによって、患者さんが希望された治療法が必ずしも可能とはいかない場合もあります。

インプラントがおすすめ出来ない場合

1.全身疾患がある方

心筋梗塞、脳梗塞、高血圧、骨粗鬆症などの薬を服用している方、糖尿病の方、などは主治医の先生と相談しながらインプラント治療が出来るかどうかを検討していきましょう。

2.インプラント埋入位置の骨の高さや幅が足りない方

抜歯した方は、歯茎と骨の状態が落ち着くまで数ヶ月から半年の間はインプラントの手術が出来ない場合があります。骨の状態が良ければ抜歯後すぐにインプラントが可能になりますが、殆どの方は数ヶ月お待ちいただきます。。

また、歯を失ってから何年も経っていて骨が吸収されてなくなっている方は、骨を補うための増骨の処置をすればインプラントは可能です。

3.中度~重度の歯周病の方

歯周病で歯を失った方や、失った歯の周囲の歯が歯周病のためにグラグラしている場合は、まず歯周病の治療を行う必要があります。歯周病がある程度改善していないと、インプラントを埋入してもすぐにグラグラになる可能性があります。

4.喫煙の習慣がある方

喫煙の習慣があると、血流が悪く、免疫が落ちていて傷が治りにくい場合があります。骨とインプラント体が結合しにくくなり、オペの傷も治りにくいため、一定期間は禁煙していただく必要があります。出来ればインプラントを長持ちさせるために、治療後も禁煙していただくことが望ましいです。

インプラントは一度手術すると一生使える?

インプラント治療をすればよく噛めるようになりますが、インプラントはあくまでも天然の歯の代用品です。もともとの自分の歯と同じというわけにはいきません。

インプラントは一生もつのかというご質問もいただきますが、耐久性においては、歯茎や骨の状態を健康に保つ必要があり、その点では残念ながら半永久的にもつとはいい切れません。

インプラントをなるべく長く使用するためには、天然の歯と同じように定期健診を受け、毎日のケアも丁寧に行って歯周病を防ぐことが大切です。

インプラントの値段は高い?

インプラントは保険のきかない自由診療になりますので、費用は歯科医院によってまちまちです。インプラントを1本埋め込むだけであれば、手術時間はそう長くかかりませんので、一本の治療費の相場は30~40万円前後でしょう。

もっと安い価格で治療を行っている歯科医院もありますが、一流メーカーのインプラント体などのパーツの原価に加えて、熟練した歯科技工士さんによる作業のコストや手術のための費用などを考えると、平均的な相場の価格くらいはかかるはずです。

まとめ

インプラント

インプラント、入れ歯、ブリッジの違いを比較してみました。それぞれにメリットとデメリットがありますので、患者さんが何を一番の治療目的とされるかで、優先順位をつけていただき、担当医と話し合いながら最適な治療法を決めていただきたいと思います。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック