セットバック整形

セットバックで麻痺にならない為にはどうすれば?

セットバックで麻痺にならない為にはどうすれば?

セットバックをして麻痺などの後遺症を不安に思われる方は多くおられます。今日はセットバック手術で麻痺などの後遺症について、またセットバック手術をする際のポイントについてご紹介いたします。

セットバックとは

セットバックは、手術で行う外科矯正で、出っ歯(上の前歯が前方へ出過ぎている・上顎前突)・受け口(下のあごが後方へ下がり過ぎている・反対咬合)・ゴボ口(上と下が両方とも突出感がある・上下顎前突)などの不正咬合を治療する際に使用する治療法です。鼻を高く形成するという処置は行いません。特徴として、重度の口元の不正咬合は、骨格に原因があることが多いです。そのため、ワイヤーブラケットやマウスピースなどによる矯正治療やセラミック治療で治癒ができない方に取る方法です。

通常のセットバック手術の流れ

お口の中から骨を切るため、傷が顔の皮膚に全く残らず、入院の必要がないというのがメリットです。当日の施術の流れを一部ご紹介いたします。

  1. 全身麻酔をかける
  2. 歯肉を切開し、4番(小臼歯)の抜歯とその部分の骨を左右とも切除する
  3. 前歯を支えている骨(歯槽骨)を水平に切り、歯とともに後方へ移動する
  4. チタンプレートで骨を固定し、歯肉を縫合する
  5. 動かないよう歯の隙間をワイヤーで固定し、術後検診でフェイスラインを確認する
  6. 術後検診の後問題が生じなければワイヤーなどを外す
  7. 歯列矯正をご希望の方はその後矯正治療を開始する

正式には、前方分節骨骨切り術と言い、Anterior Segmental Osteotomy、略称ASOと呼ぶ医院もあります。

セットバックで麻痺や後遺症がないように行うには?

セットバック治療は、年月が長くかかる矯正治療と異なり、一日で手術が終わる治療です。

  • コンプレックスだったEラインがきれいになる
  • お口が閉じにくい
  • 上下のお口のバランスが良くなる

セットバックで起こる可能性がある後遺症とは

このような症状を早く改善できるのは、とても魅力的です。ただ、入院の必要がないとはいえ、全身麻酔をかけて手術を行うため、一般的に不安である方が多いでしょう。ご検討される際に、最も患者様から聞かれることがリスクや後遺症についてです。リスクや後遺症としましては、下記の症状が多いです。

  • セットバック治療による知覚麻痺
  • しびれ

骨を切る手術を行うため、神経や血液の位置、また合併症や感染に細心の注意を払って行わなければなりません。誤って傷つけると、上記のような知覚麻痺やしびれが起きるケースが多いです。そのため、水を口元にこぼしても皮膚の感覚がないため、わからないということがあります。

セットバックを行う前と後では、噛み合わせや上下の歯の当たり方が異なります。以前とお口の中の容積が異なりますので、癖をそのまま行わないように、気を付けながら口腔内に慣れていく必要があります。

セットバック治療に関しての見極めポイント

セットバック治療をやっているクリニックは、美容外科や歯科医院など様々です。顎変形症と診断されれば、大学病院で保険適用内の治療は可能ですが、時間がクリニックと比べても長くかかるのがデメリットです。審美性を高める目的で行うセットバック手術は、保険適用外の自由診療の対象となり、料金の設定もまちまちです。費用面はもちろん大切ですが、安全に治療を行うためには、大事なポイントがあります。

  • カウンセリングで患者様のお悩みをしっかりと聞いてくれること
  • 疑問や不安があればドクターやスタッフに質問しやすい医院であること
  • 歯科用CTや精密検査の器機が院内に設備されていること
  • 症例や経験が豊富で担当医に信頼がおけること
  • 麻酔科医が対応していること
  • 手術をすれば終わりではなく、術後検診などアフターフォローが細やかなこと

まとめ

手術を行うと、顔面に痛みや腫れなどのダウンタイムがあります。個人差はありますが、マスクなどで隠せる範囲で、痛み止めを服用すれば治まります。ダウンタイムが終わると、患者様の理想とするお顔立ちになり、精神的にも健康でいられます。高い費用はかかりますが、顎やお口元のラインで悩まれている方は、一度無料カウンセリングでご相談ください。当院では口腔外科出身の院長がフェイスラインのカウンセリングを行っております。

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック