セットバック整形

セットバックは後戻りする?

セットバックは後戻りする?

カトレア歯科・美容クリニック 歯科医師 辻 和志

セットバックをすれば後戻りはしないと思われるかもしれませんが、稀に後戻りを起こす可能性があります。後悔しないためにも、セットバックで後戻りがないように注意すべきポイントについてご紹介します。

セットバックが後戻りしないための注意点

セットバック手術は骨を切って固定するため後戻りのリスクは起きないと思われる方が多いですが、一概にはそうとは言いきれません。

後戻りが起きやすい原因
  1. ゴムかけをして柔らかい食べ物を食べてくださいという術後の注意点を守らず、固い食事をした場合
  2. 扁桃腺や舌の大きさが通常よりかなり大きく、受け口や口ゴボでお悩みの場合

①に関しては指示を守らなかった点が原因です。担当医の指示通りに生活をしていれば後戻りは起きにくいと言えます。

②に関しては後戻りが生じやすい不正咬合は、受け口や口ゴボの方ですが、必ず後戻りが起きるわけではありません。扁桃腺や舌の大きさなどにも注意を払い、きちんと治療計画や術後検診を提示する医院で行えば、リスクの可能性は格段に下がります。

扁桃腺や舌の大きさが通常よりかなり大きい方の後戻りやトラブル

口腔内は広げることができない部分です。そのため、舌や扁桃腺が大きい方に、医師が検査でしっかり確認をせずセットバックをしてしまうと、どのように後戻りやトラブルが起きるか、順を追ってご説明いたします。

  • 舌や扁桃腺が大きい
  • 舌の面積が大きいと力も強い
  • セットバック後でも舌が前歯を押す力が強く後戻りの原因になる
  • 歯の位置が変化し舌が後方に下がりやすくなり気道が狭くなる
  • いびきをかきやすくなる

安全にセットバック手術を受けるためには

セットバック手術は、術前検査を受診し、全身麻酔のため麻酔科医に全身管理をしてもらう間に行う手術です。治療には高い費用がかかりますし、術後直後にはお顔の腫れや痛み、フェイスラインが完成するまでのダウンタイムや後遺症のリスクもあります。多大な出血による事故を生じさせず、安心して治療を受けるためにも、下記の二点が大切です。

安全なセットバック手術に必要なこと
  • CTや設備の整ったクリニックで細かく説明を受け疑問点も解消すること
  • 料金の安さのみで選ばず、症例も多く経験豊富な担当医に執刀してもらうこと

セットバックとは?

セットバックとは、重度の不正咬合の方に行う外科矯正です。

  • 出っ歯(上顎前突)
  • 受け口(反対咬合)
  • 口ゴボ(上下顎前突)

主にこの三つの歯並びでお悩みの患者様の中で、歯科矯正(ワイヤー矯正・マウスピース矯正)での改善が難しい方に行う治療法です。

セットバック手術の簡単な流れ

セットバック手術の簡単な流れをご説明します。4番の部分の歯と骨を抜き、前歯を支える骨(歯槽骨)を水平に切り、前歯6本と骨を一時的にフリーにします。

  • 出っ歯の方は上顎前歯6本と骨
  • 受け口の方は下顎の前歯と骨
  • 口ゴボの方は上下ともに前歯12本と骨

いずれも後方の位置へと下げ、チタンなどの素材で作製された生体親和性の高い安全なプレートで骨を固定します。3番と5番の歯にワイヤーを装着します。

▼セットバック手術についてはこちらで詳しく解説しています。

まとめ

歯のイラスト

セットバック手術は矯正治療では治らない骨格性の出っ歯や受け口の方向けの外科手術です。骨格性の輪郭が原因で口元のラインが気になっておられる方は、お気軽にご相談ください。美容面のみではなくお口の状態を総合的に診断し、あなたにおすすめの治療方法をご案内します。

この記事の監修者
医療法人真摯会 カトレア歯科・美容クリニック
院長 辻 和志

2008年 国立九州大学歯学部卒。医学博士。日本口腔外科学会認定医。ICLS講習修了。

▶プロフィールを見る

カトレア歯科・美容クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック